比較

株エヴァンジェリストの有料プラン内容とは?他社とも比較!

比較

単発契約プラン

株エヴァンジェリストの単発契約プランは、1契約に付き1~3銘柄の情報をメールや専用ページで受領するというスタイルです。

明確な契約金額が決まっているわけではなく、推奨銘柄の助言を1社受けるごとに従量制で支払い料金が確定します。

ピンポイントのタイミングで銘柄の助言が必要な人、顧問料を無駄なく効率よく払いたい人には、特に適しているプランです。

1銘柄の単価は25000円なので、仮に3銘柄の助言を受領した場合は75000円の顧問料が発生します。

このように状況に応じて料金は流動的ですが、25000円~150000円(税込)が大まかな目安となります。

まずは、お試し感覚で株エヴァンジェリストの有料プランを利用したい人は、この単発プランから始めるのが無難でしょう。

期間契約プラン

次に、一定の期間中に銘柄の助言を受け、固定の顧問料を支払うプランを紹介します。

ウィークリーデイトレード

まず、1つ目はデイトレーダー向けの有料プランです。1営業日当たり1銘柄を紹介してもらえるので、購入したその日の内に株式を手放すトレード手法との相性が抜群です。7日間の契約期間中に付き、100000円(税込)の料金設定です。

マンスリーデイトレード

2つ目は、30日間の契約期間中、1営業日に付き1銘柄の助言を受けられる有料プランです。

このプランは、ウィークリーデイトレードプランの契約期間が、7日間から30日間に拡大されたバージョンと捉えることができます。

よって、同様にデイトレーダーに適したプランであるのは確かです。

一方、大きな違いは、顧問料のお得感です。

マンスリーデイトレードのプランは、30日間で200000円(税込)の顧問料なので、7日間で100000円のウィークリーデイトレードと比べかなり割安な料金設定になっています。

よって、半月以上継続して、株エヴァンジェリストから助言が欲しいという人は、マンスリーデイトレードを選択するのがお勧めです。

ストラテジーデイトレード

ストラテジーデイトレードの契約期間は、有料プランの中で最長の90日間です。

銘柄の情報提供のスタンスも他のプランとはやや異なり、1営業日に付き1~15銘柄を紹介してもらえます。

料金設定は、90日間の契約で450000円(税込)です。マンスリーのプランよりも、1日当たりの顧問料がさらに割安になっているのがわかります。

しかも、ストラテジーデイトレードでは、1営業日ごとに1~15銘柄という複数の銘柄を助言してもらえるため、投資家自身がその情報をどう活用するのか、戦略的に判断できる側面があります。

株エヴァンジェリストを中長期的にリーズナブルに利用したい人や、投資顧問会社の助言を交えながら自ら投資判断したい人には最適なプランです。

他社の有料プランとの比較

日本には数多くの投資顧問会社が存在していますが、株エヴァンジェリストの有料プランは主な投資顧問会社と比較した場合、顧問料は高めの水準に設定されています。

というのも、最も比較対象として用いられる1カ月分の固定会費については、3万円~10万円が相場と見られているからです。

さらに、最も安い水準では、月額1万円以下という破格の価格設定を提示する投資顧問会社まであります。

株エヴァンジェリストの場合、契約方法にも左右されますが、月額10万円~20万円の顧問料が発生するのは確定的です。

これは、株エヴァンジェリストが、確かな情報力を武器とする、ハイクラスな投資顧問会社に分類されることを意味しています。

一般的に、予算には比較的余裕があり、高品質な情報を求める投資家に好まれる投資顧問会社と言えるでしょう。

関連記事
無料
株エヴァンジェリストは無料で使えるのか?

株エヴァンジェリストの料金プランについて 株エヴァンジェリストには無料プランと有料プランがあります。 初めて株エヴァンジェリ...

記事を読む